symats' Forced Feminization Stories(強制女性化小説・情報)

強制女装・強制女性化・強制性転換(ForcedFem)小説&情報。海外小説の紹介記事は日本で多分ここだけ!!自作の小説も公開していたり。

 SSなど

18歳未満の方は閲覧ご遠慮下さい。/Warning! This site is for Adults only!

◆DLsite割引キャンペーンをチェック!!

【同人】
●割引終了日が近い同人作品・検索結果(便利ですよ!)

【美少女ゲーム】
●GAME999(9月11日(水)11:59まで!!)
●ブランニューストア(DLsite独占作品割引販売)
●割引終了日が近い美少女ゲーム・検索結果(便利ですよ!)

【電子書籍】
●割引キャンペーン中電子書籍・人気順検索結果(便利ですよ!)

◆DLsite-English

Hentai/Fetish Doujin products for adults -symats' sellection-

↓↓↓ 最新記事はここから。過去リリース名作珍作も紹介してます! ↓↓↓

超SS:変身妨害光線

「よし、変身して戦うぞ!」
正義ヒーローの俺はポーズを取り、変身シークエンスが始まった。

びゅぅぅぅぅん! ヒーローが光に包まれる。

「そうはさせるか、妨害光線だ!」変身中のヒーローに向けてピンク色の光線が発射された。

「ん、どうした、何かが変だ...」俺は全身に奇妙な疼きを感じた。

変身完了。

そこに立っていたのはいつもの正義ヒーローではなく、ヒロイン戦士だった。

「こ、これは...!?」

「うははは、妨害光線大成功だな。お前は女性化して、スーパーパワーは無効化されたのだ。今はただのコスプレ美少女さ!それ、戦闘員ども、ヒロインを引っ捕らえろ!」

「きゃぁ、助けてぇぇぇぇ!!」


超SS:最新作

「ほう、見事な『最新作』ですな、笑顔が素晴らしい」
「お褒めにあずかり恐縮です。いやね、手術による肉体改造自体は大した事では無いんです。主人にとことん尽くす自分を誇りに思い、幸せいっぱいに微笑むように洗脳するのが大変でした、ふふふ」


超SS:魔性の男の娘

ひょんな事から知り合った美少年、いや、男の娘。
どう見ても少女の容貌、体毛の薄いつるつるの美肌、そしてオレの○ニスを咥えてのフェラテク、良い締まりのア○ス...。もういくら貢いだんだろう... 何度も何度も愛し合ってもう虜になってしまった...

でもそのうちに男性ホルモンが出て来て変わってしまうのだよなあ、本人も気にしている。玉竿を取って人工の女性になるか、玉だけ取って男性化を止めるか... いずれにせよ、バックから貫いたときに可愛く勃起するこいつの○ニスを愛でる楽しみはもう長くない...。でも愛してるよ、むふふ。


超SS:「粗暴で威張り散らす亭主」を変えてあげました

「粗暴で威張り散らす亭主を何とかしてくれ!」と頼まれたんですよ。
「じゃ、従順でアナタの言うことを何でも聴く可愛いい亭主に変えて上げますよ?」
と返事したら、是非お願いしますと言われたんですね。

どうです、言ったとおりになったでしょ?ふふふふ...。


超SS:熟女妻になったオレ

発端は久々の同級会で出会った旧友Aの異様なオレへの視線だった。
会の後に2人きりで飲まないか、と誘われたAの行きつけバーで飲んだカクテルで気を失ったオレ。目が覚めたときにはオレはオトコでは無くなっていた...。
「お前を愛してたんだ、女房にしたいと思っていたんだ...」
余りのことに気が違いそうになったオレだが、Aはオレに何不自由ない暮らしを約束してくれた。
いまオレは熟女妻・有閑マダムとして贅沢な暮らしを楽しんでいる。
オンナっていいものね...うふ♪


超SS:驚きの再会

テロリスト掃討のために危険な地域に踏み込んだ特殊部隊のオレだったが、捕えられて組織のリーダーの前に引き出された。
「ほう、良くここまで来たな、その勇気は褒めてやろう。ところでお前の仲間の”A”がいるんだが会わせてやるよ、ふふふ」
リーダーの合図で部屋に軍装したセクシー美女が入ってきた。
「あーらお久しぶりね」
「”A”! 本当にお前なのか?」
「ええそうよ。身も心も変えられてしまってこの人達の仲間になったの、おほほ。アナタも私のようになるのよ...」
”A”はそう言って拘束されているオレの腕に注射器を突き立てた。
麻酔薬だ...
意識が遠のく中、”A”の顔が近づいてくる。
「目が覚めたらアナタは生まれ変わっているのよ、うふふふ」
俺の口に入ってきた”A”の舌の感触に不覚にも勃起したオレはそのまま意識を失っていった。


超SS:失踪した記者の行方

約40年振りの党大会と言うことで注目を集めた某独裁国家に多くの海外報道陣が乗り込んだが、その中で報道もされず失踪した記者がいた。記者は某国の極秘事項を知ることとなったのだが、それは暴露した場合某国がたちまち戦争を始め周辺国が甚大な被害を被るリスクのある危険すぎる情報だったのだ。

見捨てられ取り残された記者は、独裁国に尽くすため洗脳と改造を受けたと言う...。


超SS:医師(センセイ)の腕

「あのダサかった鉄砲玉野郎がこうも見事に女体化するとはねえ、医師(センセイ)の腕は大したもんだなあ...」
「どうも、組長」
「ところで、ヤツはすっかりオンナの気分になったのかい?幸せそうに微笑んでるが?」
「いやいや...ふふふw アレはオレが腕によりを掛けた整形手術の成果だよ。表情筋をちょいと弄って、いつでも笑みを称えるように変えたのさ」
「うぐ.... と言うことは、ヤツはどんなに悲しくても絶望しても微笑んでいるわけか...。センセイ、アンタって怖い人だねえ...ふふ」
「だからこんな闇の仕事を引き受けてるんだよ、組長」
「そうですな。さて、この大変身の動画をKY組に送り付けるかな、びびるぞヤツラ...うははは!」


超SS:マインドコントロールデバイスに支配されて

謎の女・伊集院に出遭ったことからとんでもないことになってしまったオレ。
改造マシンで女性へと変えられ、マインドコントロールデバイスを装着されて、心はオトコなのにデバイスの命令に逆らえずにオンナらしくしか振る舞えなくなってしまった。

いまはコールガールにされて客を取らされ、稼ぎは伊集院の組織に吸い取られている...。今夜はレオタードフェチのお客相手。ああ恥ずかしい...タスケテ...。


超SS:僕のプリンセス

可愛い.... ホルモン注射とサブリミナル洗脳の効果で、あの美少年がここまでに化けるとは...


超SS:春が来た!

「だいぶ暖かくなってきたわね、ブラウスで外出できるのももうすぐだわ!うふ♪」
「お、お兄ちゃん、私のブラウス着てなにやってるのよ...!?」


超SS:失踪した書店主のその後

「おお、見事な作品になりましたな同志」
「そうだな...ふふ。性転換・美容整形は問題なかったが、反体制活動家精神を従順な高級娼婦に洗脳するのはなかなか大変だったからな」
「で、使い途は?単なる娼婦では無いですよね?」
「良い質問だ同志。活動家を嵌めるハニートラップ要員として働いてもらおうかと考えている...ふふ」


超SS:女王様になりたい

女装自撮りを会員サイトに投稿しているアタシ。
いまマイブームなのはね、女王様になることなの。あ、おとぎ話の女王様じゃ無くてSMボンデージの女王様ね、うふふ。
アタシ、純女さんより脚線美に自信あるのよ!ピンヒール履いてスレンダーな脚とヒップをアピールした自撮りを見てうっとりしてるの...。



超SS:強制豊胸!

女人化研究所さんの「設定」をお借りしました)
「お、俺の体に何をした!」
深夜、自室への帰路で俺は何者かに襲われて意識を失ったのだった。
目が覚めたら何やら胸のところに違和感がある。目線を下に向けるとそこには女性のデカパイが!?
「あーら、お目覚め?いやね、最新鋭の生体癒着乳房の実験をさせてもらったのよ、おほほ。被験体はそりゃあノンケの男性に限るわよねえ」
「も、元に戻せ!」
「何言ってるのよぉ、アナタはこれからお色気ムンムンのグラマー女性に変わるのよ!」
「う...。」

「伊集院様、準備が出来ました!」
俺の視界の中に、不自然に巨乳で厚化粧のメイド姿の女性が入ってきた。
「うい、じゃあコイツの施術を始めましょうか雅子。アナタにしたようにホルモンどっくんどっくん入れちゃおうねえ、おーほほほ!」

SS:貞淑な妻になる

(興が乗ってきたので続きを書きました)

ひょんなことから社長に女装趣味を知られてしまった中年の俺は、口外しない代わりに週末に社長の別荘でフル女装して、亡くした社長の奥さんの代わりをしろと命じられた。社長は笑ってしまうほどに貞淑でフェミニンな人妻が欲しくてそのために再婚出来ず、その願望が嵩じて忠実に演じてくれる存在を求めていたのだとか。

贅沢な衣装や化粧品やらを買い求めてくれるのがまんざらでもなかった俺は、最初の3ヶ月ですっかり貞淑人妻を演じるのに慣れ、秘密の週末を楽しむようになっていた。社長は演じることは求めるがカラダを求めたりしないので気楽と言えば気楽だった。

半年後のある日、夕食で飲んだワインに酔った俺はいつのまにか眠ってしまっていた。

しばらくして目が覚めたのだが、何故か身動きが取れないようにベッドに拘束されていた。

「社長、なにするんですか!悪い冗談は止めてください!」
「手荒なことをしてすまん。でも、儂は演じてくれる君を本気で愛してしまったみたいなんだ。どうだ君、本当に儂の妻にならないか?」
「何言ってるんですか?」
「実は、注射一本で人間を性転換する薬があるというのだよ。30億円もするシロモノだったんだが、何とか手に入れたのさ、ふふ...」
「え!」
「もうガマンの限界だったのだよ...。君を本当に女にして抱きたいんだ....」

社長はそう言いながら俺の腕に女性化薬を注射した。



1ヶ月後。女性に生まれ変わったアタシはフルタイムで社長の妻を務めています。
もう元に戻れるわけもなく、それならば社長に囲われて何不自由ない暮らしを満喫した方が良いと気持ちを切り替えたのよね、うふふ。

初めて夜のお勤めをしたときは緊張したけれど、社長は物凄く優しかったの。亡くなった奥様に対しても乱暴に求めたことは一度もないって言ってたけれど、その通りだったわね。処女を奪われたっぷりと愛してもらったあの夜...。思い出すと濡れてきちゃうわね、あんw。すっかり社長、いや旦那様が好きになっちゃったみたいなの。これからは貞淑な妻としてどこまでも尽くし、ときどきは贅沢なドレスでもおねだりしようかなあって。

いつまでも美しくありたいから、高級エステ通いもおねだりしようかしらね、うふふ。




超SS:悪のセー○ーシーメール戦士の誕生(ツイートから)




犠牲者は水星戦士で、シーメール化された後はメタリックなレオタードに...とか妄想がw


超SS:写真だけの成人式

ボク、ずっとずっと憧れていたんです...。晴れ着着てふわふわのショールを付けて成人式に出席したかったの...。


超SS:「ごめんなさい、代わりにこれ着てね」

「え、オレの服全部洗濯しちゃったの?」
「ゴメンナサイ、いつもの習慣で...。ね、今夜はこれ着て?ちょっとお化粧してあげる、レズごっこしようよ!」
「面白そうだな、どう、アタシキレイ!あはは」

(キレイよアナタ...さあ、ここからが女性化改造の始まりね、うふふ。すこしづつ暗示をかけて変えてあげるからね...)



超SS:怪盗三姉妹男性化!?

ツイッターで呟いたこのネタから→ https://twitter.com/symatsff/status/684188298617589760

外道な悪評で知られる大金持ちXが騙し取ったという巨大ダイヤを盗もうと屋敷に侵入した怪盗三姉妹だったが、それは三姉妹を捕える罠だった!

「ふふ、まんまと罠に落ちたな馬鹿め。2度と義賊の真似が出来ないようにしてやる。そして儂の奴隷になるのだ!」

恐るべき私設研究所・病院を持っていたXは三姉妹に恐ろしい改造を施したのであった。
全員の子宮を取りだし膣を閉じ女性の機能を奪い取り、その先を三人三様...。

ナイスバディの長女は、股間に巨大な竿と玉を移植され、シーメールに生まれ変わらされた。ジャンプスーツとかの「もっこし」が常に強調される衣装を常時着用である。

最も美人な次女は美貌破壊されてしまう。ホルモンを中和され性的特徴が男性でも女性でも無い中性人間にされてしまった。髪の毛は永久脱毛され、美人の影は微塵も無い中性フリークになってしまった。

末娘は、体毛無し、平たい胸、可愛いチ○コ、感じるア○スを持った男の娘へと変えられた。

Xの囲われ物になった元・三姉妹はいま、Xが主宰する超高額会費の秘密クラブの見世物になっているとか。人気の演し物はシーメールの長女が末娘の後ろを犯す本番ショーらしい。


超SS:祝!スターウォーズ新作公開

皆さん、いろんなキャラに成り切って映画鑑賞してたね!
ボクも成り切って観に行ったよ。「レイア姫」でね、うっふん♪



[Mサイズ] スターウォーズ コスチューム レイア姫 プリンセス・レイア コスプレ 大人 女性 仮装 衣装
姉妹ブログもよろしく!
symats' Fetish World

ふたなり、催眠洗脳悪堕ち、ヒロインピンチ、SM、人形化石化、人体改造等のフェチ情報


symatsのマニアAV館

ニューハーフ、女装などノーマル指向お断りのAV情報ブログ。


アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(移転前からの継続カウント)

記事検索
女人化研究所さん 常時熱烈応援中!(I'm milda7's biggest fan!)





最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
ツイッター








Amazonアソシエイトに参加しています
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。