symats' Forced Feminization Stories(強制女性化小説・情報)

強制女装・強制女性化・強制性転換(ForcedFem)小説&情報。海外小説の紹介記事は日本で多分ここだけ!!自作の小説も公開していたり。

 SSなど

18歳未満の方は閲覧ご遠慮下さい。/Warning! This site is for Adults only!

◆DLsite割引キャンペーンをチェック!!

【同人】
●割引終了日が近い同人作品・検索結果(便利ですよ!)

【美少女ゲーム】
●GAME999(9月30日(月)11:59まで!!)
●ブランニューストア(DLsite独占作品割引販売)
●割引終了日が近い美少女ゲーム・検索結果(便利ですよ!)

【電子書籍】
●割引キャンペーン中電子書籍・人気順検索結果(便利ですよ!)

◆DLsite-English

Hentai/Fetish Doujin products for adults -symats' sellection-

↓↓↓ 最新記事はここから。過去リリース名作珍作も紹介してます! ↓↓↓

超SS:暴○団抗争〜全面勝利の結末〜

多くの犠牲者を出したオレの組と対立する××組との凄絶な抗争だったが、オレが敵の組長宅に乗り込み、組長とその跡継ぎ息子にドスを突きつけて遂にこちらの全面勝利となった。

差し違え上等の覚悟で乗り込んだのだが、敵もその息子もビビリまくって、組は解散するから命だけは... と、小便を漏らして助けを求めやがる... まあ仕方がない、それで殺っちまったらドスが穢れるってもんだ...(苦笑) 

なんともあっけない「全面降伏」だったが、オレは命乞いを受ける条件としてヘタレの敵と息子に最大限の辱めを受けてもらうことにした。こんなヘタレは極道でも無ければ「漢」でもない、だからもう「漢」の看板下ろしてもらおうってな、ふふふ。これがまた、親も子も情け無いことに「命が助かるなら何でもします...」ってことで条件を呑みやがった。オレは可愛い子分を何人も失ってこんなヤツラと抗争したのかよ!ってちょっと悲しくなったが、オレの組に逆らう奴がどうなるかという見せしめには最高だし、オレは実はちょっと変態趣味もあるので、まあ満足なオトシマエになったってこったな。

親分様ご近況(笑)



息子様ご近況(笑)



そう、母娘愛人にしてあげたのよ(笑)

玉も竿も失い、声帯も弄ってドスを利かすことも出来なくなったコイツらを言葉嬲りしながら抱いてやるのが楽しみな毎日さ... 

そうそう、変な気起こさないように2人とも総入れ歯にしてベッドではそれを外してフェラしてもらってる... 組長たるもの、用心はしてるぜ、ふふ。

(終)

SS:美容部員A子の誕生

美容部員妄想に喰い付きが良いので、ショートショートをば。


某化粧品会社に入社したAは、研修の名物である「男性社員もお化粧体験」を受けた。

Aはこの会社を希望して入社してきたわけだし、噂はもちろん聞いていた。
ホンネは嫌だが、断わるわけにも行かない。ぞんざいながらも担当の美容部員の指導に従って自分の顔にメイクを施し、鏡で見た自分の「オカマ顔」に苦笑しながらも、とりあえずノルマは果たした。参加者はクレンジングして化粧を落として、研修は無事終了した。

「ふう、これでもうこんなことやらないで良いんだよな」

安堵したAは、隣の研修仲間に「しかし、オンナってこんなこと毎日するんだな、信じられねーよ、あはは」と軽口を言った。通りがかった指導係の美容部員の目が光ったのには気付かず...。

翌日、Aは研修担当部長に呼び出された。

「A君、あなた、昨日の研修の態度に問題があったと報告が来てるわよ」
「え?」
「困ったものね...再研修を受けないと研修落第になるわよ?」

Aは青ざめた。難関をくぐりぬけ掴んだ一流会社社員の座が危ない...。しかしいったいどこに問題があったんだ?
「いったいどういう問題が...?」
「口答えは許しません!」
「...」
「明日から、我が社の特別研修所に1週間通うのよ」
「い、一週間...お化粧を...ですか?」
「口答えは許さないって言ったでしょ?」
「...」

わけがわからないまま、翌日Aは本社から、たったひとり、人里離れた山奥にある特別研修所にバスで連れて行かれた。

特別研修所に着いたAは脱衣と入浴を命じられた。
入浴を済ませたAを待っていたのは何故か女性下着と女性ものの研修ユニホームであった。

「これはパワハラだ!冗談じゃない、こんな会社辞めて告発だ!!」
怒りに震えるA。と、更衣室に何か白い煙が...強烈な眠気に誘われ、眠ってしまった。
やがて煙が引き、そこに研修所の責任者とスタッフが現れた。全員女性である。
「さて、この娘に最初の施術しましょうね、うふふ」
スタッフは眠ってしまったAに手際よく服を着せ、別室に運んでいった。

「う...ん」
Aは眠りから覚めた。何かがおかしい、逃げなければ...。
しかし、ベッドに全身を拘束されて動けない。やがて、拘束され固定された目線の先のモニターに責任者の顔が現れた。

「気付いたようね、A子ちゃん。寝てる間に体毛は永久脱毛しておいたから。しかしねえ、化粧品会社に入っておきながら、女性の化粧を小馬鹿にするとはどういうこと?そういう奴等には身を以て愛社精神を叩き込むのが我が社のやり方よ」

そんな馬鹿な!いったいこの会社はどうなってるんだ...有り得ない理不尽に怒るA。
しかし、こうして有り得ない身体拘束をされている現実...Aは恐怖を覚えていた。

「実はね、あなたのような困った男性社員には、女に生まれ変わってもらってるの、うふふ」

く、狂っている...逃げないと...恐怖に脅えるAの頭上から、何やらヘルメットのようなものが下りてきて、彼らの頭部を覆った。

「これから一週間、あなたを女性に変える強力女性ホルモンを注入しながら、精神女性化プログラムを施すわ」

誰か助けてくれ...と叫ぼうとするAだが、口にはギャグが噛まされていて、「んぐ...んぐ...」としか声を出せなくされていた。

「じゃ、可愛い美容部員に生まれ変わってね...楽しみにしているわ」責任者の映像が消えた。

やがてヘルメットのようなものがカチャカチャと音を立て、Aの視界を遮る格好で頭部を完全に覆った。
そして別のハイテク器具が下の方から現れ、拘束された腕、脚、胸、尻などに触手のように張り付き、なにやら液体を送り始めた。

ぶぅぅぅん...

低い発振音の後、Aの視野に映像が現れた。自分の顔によく似た女性が微笑んでいる。
「私はA子。未来のあなたよ...うふふ。可愛い女の子になりましょうね.,,」

女にされてしまう!されてたまるか!オレは男だ、Aだ、男のAだ!男、おとこ...お...と...こ...

ぶぅぅぅん...ヘルメットのようなものは、何かの信号をAの脳に送り続け、映像の女性は優しく語り続ける。

「ダメよ緊張しちゃ...リラックス、リラックス、うふふ」

Aの全身に、柔らかいもので包まれているような快感が走り始めた。

........お...ん,,,な....おんな、女....私はA子...美容部員よ。

ヘルメットのようなものの蔭からのぞく、Aの口元が笑みを浮かべていた。

1週間後。

「部長、A子、研修から戻りました!」

研修担当部長の前に、フルメイクを決めユニフォーム姿が似合う、一人の美しき美容部員がいた。

【完】(2009/07/31)


SS:美少女仮面、シーメール悪堕ち(前編)

(元ネタ)



美少女仮面を付け狙う悪の組織は、変身前の彼女・A子に男性化する魔法の薬を盛ったスイーツを食べさせて、まんまと男性化に成功した。

「ど、どうしよう!?」美少女から美少年になってしまい動揺するA子の目の前に、悪の組織からの手紙が突然現れて床に落ちた。

「A子よ、呪いの男性化薬を解毒して欲しければ明日ここに来い」

罠かもしれない...直感したA子だが、少女に戻れないことにはご町内の正義と平和のためには戦えない。危険を冒して約束の場所に出向き、悪玉を倒すしかない。

翌日。男になってしまったが可愛い美少年の姿のA子は、「女装」で約束の場所に出向いた。
そこにどこからともなく怪人が現れた。
「おやおや、可愛い男の娘さん、良く来たな」
「ワタシを元に戻すのよ!」
A子は変身の呪文を唱えて美少女仮面、いや男の娘仮面へと変身した。恥ずかしい姿だが仕方がない。

「罠に嵌まったなA子。盛った薬はお前を男にするだけじゃなく、超能力を失わせる効き目もあったのだ。今のお前は美少女仮面に仮装しただけのただの男の娘さ、はははは!」
「し、しまった....」
「お前はこれから性なる儀式を受けて妖艶なるシーメール仮面になって悪堕ちするのだ、ははは!」
怪人の合図で現れた手下どもに羽交い締めされた、か弱きナヨナヨの男の娘仮面はあっという間に仮面以外のコスを脱がされてしまい、手足も縛られて身動きが出来なくなってしまった、
「嫌、恥ずかしい!助けて!」男性化でちょっと声が低くなった男の娘仮面が、あられもない姿で裏声を甲高く響かせて喚く。
「おやおや、男の娘ちゃん、エロ可愛いねえ。でもお前は男の娘を卒業してオトナのシーメールになるんだよ、ふふ」
怪人は股間から○ニスを出し、男の娘仮面の形の良い尻に無慈悲に挿入した。

「いやぁぁぁぁ!」

(続く)後編はコチラ

RAH 美少女仮面ポワトリン

売り上げランキング: 203,995


SS:美少女仮面、シーメール悪堕ち(後編)

前編はコチラ

(元ネタ)




怪人は股間から○ニスを出し、男の娘仮面の形の良い尻に無慈悲に挿入した。

「いやぁぁぁぁ!」

ずぶり。

怪人の○ニスは容赦なく男の娘仮面のアヌスを責め、前立腺に刺激を与える。

「いやぁぁぁぁ、やめてぇぇ!」

嫌がり泣き叫ぶ男の娘仮面。しかし、挿入された痛みを凌駕する快感が前立腺から全身に伝わっていく。

「あぁぁん!あはぁん!」
「よしよし感じてきたな、ほら、おまえのチ○チ○はビンビンになっているではないか、ふふ。おまえはこれから受け身のア○ルセックスでなくては感じなくなるカラダになるのだ」
「いやあ!あぁん!あはぁん!」

必死に堪える男の娘仮面だが、お尻を貫かれた快感で勃起した○ニスは怒張しまくりカウパー液をいやらしく垂らしている。

「さて、そろそろだな。お前を究極のヘンタイへと変えてしまう俺様のザーメンを直腸から吸収するのだ!それ!」

どぴゅっ!どぴゅっ!どくどくどく...。

「あぁぁぁぁ!」

怪人の○ニスは恐ろしい魔力を持った粘っこいザーメンを男の娘仮面の中へとこれでもかと注いだ。

「さて、始まるぞ...」

怪人は絶頂に達し脱力した男の娘仮面からペ○スを抜き、これから起こる変化を待つ。

「あ、あああああ!」

男の娘仮面の直腸で何やら熱い反応が発生し、それは全身へと伝わっていき、変身が始まった。

平たい胸がゆっくりとしかし確実に隆起を始め、異様なほどの巨乳に成長する。
美少年らしい締まったお尻に脂肪が湧き上がり、フェミニンな美尻へと変化していく。
そして、股間にあるものがさらに大きく成長し屹立する。
可憐な美少年だった男の娘仮面の顔は塗られてもいないのに毒々しい厚化粧顔へと変わり、ヘンタイ淫乱丸出しの邪悪な笑みを称える。

男の娘仮面は巨乳・巨尻の邪悪なシーメール仮面へと変貌を遂げた。
可憐なホワイト基調のヒロインコスは、黒く、不気味にテカるラバーコスへと変わっていた。

「どうだ、気分は?」
「はい、最高ですわ、オホホホ」
「お前には犯されたものを男女構わずヘンタイシーメールへと変えてしまうザーメン生成能力を授けた。これからは我らが配下としてこの世をヘンタイシーメールで埋め尽くすのだ!」

「はい、ではさっそく最初の獲物を狩りに行きますわ、オーホホホ!」 (完)


超SS:ネット洗脳?

SNSで出会った恋人、いや、ご主人様かしら?

顔も知らず会ったこともない人だけど、アタシは現在進行形で、確実に彼に「オンナ」にされている。
シンプルな「可愛いよ♥」「好きだよ♥」ばかりなんだけど、アタシの中の「オンナの気持ち」がくすぐられ、アタシはどんどんメイクや自撮りを磨いて「どう?」「セクシーでしょ?」「アタシも好き♥」と返事を返すの。ま、ネットでの楽しい妄想ごっこよね、うふふ。

でも最近ね、彼にどんどん染められているような気もしてちょっと怖いときもあるの。

リクエストに応えて女性ホルモン増量して、ホルモンおっぱい写真も送っちゃったし、永久脱毛もやっちゃったし...。

まっいいか!w

今夜はアナルオナニー動画送信するの、気に入ったらリアルで会ってくれて調教プレイしてくれるんだって!

好きです、ご主人様...



SS:「男の娘にされた美少女仮面」

先日の自分のtwをネタに書いてみました。



悪の組織の幹部Aは、組織の悪事をことごとく邪魔する美少女仮面を心の底から憎みつつその美貌に惹かれ、彼女を無力にして自分の従順な愛人にして辱めたいという欲望を抱いていた。

「そうだ、この手がある!ふはははははは!」

******************************************************

悪の組織は美少女仮面の正体がB子であることを突き止め、B子の妹を誘拐した。
B子あてにメールを送り、「変身をして現れたら妹の命は無い」と条件を付け約束の場所におびき出した。

「約束通り現れたわ、さあ、妹を返しなさい!」
「おう、返してやるともさ...」
「お姉ちゃん...、ボク、ボク... うぅぅぅ」
「どうしたの?なんでボクって言うの?」
「ボク、男の子にされちゃったんだ... 立ってオシッコできるようになっちゃったんだ...」

「なんて酷いことを!妹を元に戻しなさい!」
怒りに燃えたB子は変身ポーズを取ろうとするが...
「おっと、変身すると妹は2度と元に戻らないぞ?」
「う....」
「お姉ちゃん、ボク、女の子に戻りたい...スカート履きたいよ...」

「B子、助ける方法が一つある。こちらの言うことを聞くか?」
「う... わかったわ...」
「条件はお前が身代わりになることだ」
「身代わり...?」
「そうだ。この腕輪を填めて変身しろ。そうすれば妹は元に戻る」

Aの言うなりに渡された腕輪を身に付け、B子はコンパクトを取り出して変身の呪文を唱えた。
まばゆい光に包まれて美少女仮面へと変身するB子。しかし何かがおかしい。
全身が奇妙なくすぐったい感覚に包まれ、特に股間に強い違和感が湧いてくる。

変身シークエンスが終わり、そこにはいつもの美少女仮面が立っていた。
「こ、これは... 何てこと....」
股の辺りを押さえて恥ずかしがる美少女仮面。
「身代わりと言っただろ、はははは!お前が妹の代わりに男になったんだ。お前は美少女仮面じゃ無くて男の娘仮面だ、どうだ恥ずかしいだろ!」
「お、おのれ...」
怒りに燃えた「男の娘仮面」はAに戦いを挑むが、何故か力が出ない。

「お前のパワーは男になると無くなってしまうんだよ、ふははは!それ!」
力を失った元・美少女仮面はAに当て身を喰らわされてあっさり気絶。
Aは「彼女」を抱き上げ、その場からすっと姿を消したのだった。

******************************************************

「あん、いい... もっともっと突いてA様...!」
「良い娘だ... しかし若々しいクリチ◦ポだな、もう4度目じゃないか、ふふ」
「A様のせいですわ... B子はすっかりイヤらしい男の娘になっちゃったんだもん、うふ」
「そうだな... 儂に『処女』を奪われた結果、暗黒パワーを備えた悪の男の娘仮面になったしなあ」
「はい... これからは美少年を男の娘戦闘員にスカウトするようにがんばりますわ、おほほほほ!」
「頼もしいなB子、じゃあもう一発イカせるか!」
「あぁぁぁぁん!」

ギガ/ニューハーフヒロイン [DVD]
ビデオメーカー (2008-05-09)


超SS:メイドさんが欲しい!?

「サンタ、オレに美少女メイドをプレゼントしろ!」
冗談でカードに書き込み、ぼっちクリスマスの夜は飲んだくれて寝たオレ。

朝目が覚めて...

えぇぇぇぇ!!

コスプレ Sherry’s Closet SL 3rd キュートメイド
クリアストーン (2015-06-26)
売り上げランキング: 117,889

超SS:女装子Mの飼育

ネット恋愛を始めたオレと女装子M。表面的に紳士的に振る舞いながら、オレは「その日」を待ち続けた。すっかり信用させたところでオレの屋敷に呼び出し、睡眠薬入りコーヒーを出して...。

いま、Mはオレの奴隷妻として日々奉仕してくれる毎日だ。豊満なシーメール肢体に改造し、マインドコントロールも施して...くくく。


超SS:Hey, S*ri!

「Hey, S*ri! クリスマスに美女サンタになりたい!なーんちゃってw」
「わかりました。では...」

どーーーーーーーーーん!

「え、ウソ!?」



超SS:バトルロワイヤル?

監禁された2人の男に向け壁のスピーカーが話しかける。
「お前達のうち1人だけ、この部屋を出ることが出来る。条件は、これから1ヶ月の間により『女らしく』なった方だ!」
2人は別々の部屋で同じものを与えられ、「ライバル」の一挙一動が見える状況に置かれ、1ヶ月の「競争」が始まった。
衣装、コスメ、ホルモン、女性を磨く催眠音源... 支給されたグッズを用いて必死に競う2人。

1ヶ月後。

見事に女らしくなった2人に向けてスピーカーの声。

「2人ともよくやったな。甲乙付けがたいので引き分けと言うことにして、2人とも出て良いぞ。ただしこれからは『オンナ』として生きるのだ!」

「ええ、喜んで!」2人は心の底からの笑顔でそう答えた。

********************************************************


「どうですかな、今回のゲームは...?」
「実に興味深い。人間というのは追い込まれるとこうなるんですな... ふふ」
「次は女性を男性化しようと思ってます、お楽しみに...」


超SS:ホルモンに変えられていく私

ホルモン服用を続けてきた私の肉体。肌は柔らかく滑らか。髪の毛のボリュームが増え、バストが膨らみ触ると感じるの...あはん。お尻も丸くなったかしら... そして、アソコはもう勃たない...。

最近ね、殿方に抱かれたいという衝動が湧き起こるの。

おっぱいを揉まれて、お尻を撫でられ、うなじに指を這わされ... そして... アソコはまだ付いてるから、後ろから欲しいの...あん...。


超SS:元勇士の嘆き

(下記のツイートにインスパイアされてちょっと書いてみました。女人化研究所さんはそれっぽい作品を描かれてますね(^Д^))


ああ恥ずかしい...

玉を取られ竿も短くされ、立ってオシッコすることだって出来やしない...。

イチジクから作った飲み物を毎日飲まされてね、浅黒く日焼けして筋骨豊かだった身体が、いまや白い柔肌、膨らんだお乳とお尻になっちゃったワタシ。もう髭も生えないの。髪の毛は腰まで伸びちゃった...。

去勢奴隷だけならまだ良かったのよ。踊り娘としてレッスンさせられ、化粧も上手くなれってしごかれるのよ...。そのうちね、だんだんと自分がオンナ?って思う様になるのよ、不思議ねえ。

明日は使節様を迎えるので、踊りの練習とお肌の手入れを念入りにしたわ...。
私達を抱きたい、なんて変わった方がいたりするから、アソコの手入れもね...。

ああ、一夜でなく、アタシを奪って逃げてくれる、本当に変わった殿方はいないかしら...。


超SS:セクハラ機長への復讐

「まあ機長さん、セクシーになったわねw あなたのセクハラにはみんなもうウンザリでさあ、私の提案した復讐計画にみんな賛成してくれたのよ。これからは会員制超高級イメクラでスッチーセクハラプレイ専門で触られまくりヤラレまくりの日々よ!身を以てセクハラされる気分味わいなさい、おーほほほ!」


超SS:心境の変化

オレは変態な金持ちに声を掛けらてその女装愛人になった。
オレに女王様になって虐めてくれという契約なので、こりゃ割が良いなと思ったし。

「お金も地位もあっても粗チンね、おーほほほ!」

そんな攻めプレイオンリーの愛人生活も半年経過して、オレの中で何かが変わった。

女王様に成り切ってプレイの決めゼリフを叫ぶ自分への陶酔...
ああ、女王様って良いわね... なんかオンナを感じるの...
ひとしきり強がったら受けに変わってパパに犯されるのも良いわ...

いま、アタシは整形手術を受けホルモンも注入して肉体を女性化している。費用はもちろんパパ持ち、うふ♥ いずれはお嫁さんにしてもらおうかな....


超SS:学園祭女装コンテストで目覚めたオレ

「お前なら優勝できるから!」と悪友にノせられて学園祭の女装コンテストに出たオレ。
出るからにはと、仕草、衣装、メイクを研究したら本当に優勝してしまった。
そして王冠を戴きガウンを着せられたオレの中で何かが目覚めた。

週末には完全女装の自撮りや動画をSNSに発信している。アクセスが殺到して結構なお小遣い。昨日は男の娘AVに出ないかってオファーが来た。

どうしようかな... 稼いでホルモン注射して最後は手術してオンナになっちゃおうかしら...


超SS:逆襲されたセクハラ社長

どうしようもないセクハラ社長の所業にキレたOL達は闇稼業に依頼して社長を誘拐監禁し、性転換手術を受けさせた。

「社長さん、よくも私達をセクハラしまくってくれたわね。どう、セクハラされる立場になった気分は、おほほほ!これからはセクハラシチュエーション専用の娼婦として生きてくださいね!」


超SS:タマタマ・パール

「ほうら、出来たわよ、『タマタマ・パール』。アナタの『アレ』を遺伝子操作したアコヤガイに仕込んで作ったの。アナタの耳にピアスして、二度と取れないように溶接してあげるわね、おーほほほ!」

超SS:大富豪の秘密の趣味

私は今をときめく企業グループ総帥、世間は「大富豪」などと呼んでくれる。
「英雄色を好む」では無いが、そっちの方も大好きで何人も愛人を囲っているよ、ふふ。
ただし私は若い娘は囲わない。いや、その気になればいくらでも調達できるんだがね、趣味じゃ無いんだよ。

私の趣味は熟女なんだな、それも「人工」の。

最近の貧富格差拡大で増えた、路頭に迷ってるような中年男を見つけて、一生面倒を観るからその代わりに熟女に変身しないかと持ちかけるのさ。意外にも「それならば!」って応じる奴が結構いるんだよ、ふふふ。

全身を改造するので少々の難は構わないが、あまりゴツいのと肌があまり荒れてるのだけはどうもならないから除外してスカウトするんだ。

一生の保証を受ける、となったら面白いものでね、「愛人」は改造前の「候補」の段階からなにげになよなよしてきて女らしくなろうとするんだね。強制しなくてもメイクの練習とか熱心なんだ。

最新の愛人「17号」を紹介するよ。どうだ、見事な変身だろ?ふふふ。
今回は昭和っぽい雰囲気で装えって言い渡してあるが、指示に忠実で良い娘...いや、女だね。


超SS:タイムスリップ

謎の科学者に「タイムスリップしてその時代の肉体を乗っ取って人生をやり直せる!被検体にならないか?」と持ちかけられたホームレスのオレ。

「どうせこのままでは野垂れ死にだ...よし、一か八かの勝負に賭けてやる!先生、お願いします!」

びゅぅぅぅん!タイムマシンが稼働してオレは時空を駆けた。

オレは1980年代の銀座の街角に着いていた。ん、何かきつい香水の匂いがする。いったい誰の肉体を乗っ取ったんだ...。ショーウインドーに自分の姿を映してみた。

「え、コレがオレ?この時代にブイブイ言わせてたボディコンギャルじゃねえか!!ああ、性別とか言ってなかったもんな、あの学者...。まあいいや、この時代だからバブル成金の彼氏を探していい目見れば良いのよ、おーほほほ!」


超SS:「猛暑」

「魔法の精です、何かご希望は?」
「クソ暑いんでそれをなんとかしてくれ!」
「かしこまりました...」

でろでろ、もくもく、どーん!

「おい、話が違うってば!!」



姉妹ブログもよろしく!
symats' Fetish World

ふたなり、催眠洗脳悪堕ち、ヒロインピンチ、SM、人形化石化、人体改造等のフェチ情報


symatsのマニアAV館

ニューハーフ、女装などノーマル指向お断りのAV情報ブログ。


アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(移転前からの継続カウント)

記事検索
女人化研究所さん 常時熱烈応援中!(I'm milda7's biggest fan!)





最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
ツイッター








Amazonアソシエイトに参加しています
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。