桜の都と鬼の花嫁 上巻 (エールブランシュ)
パブリッシングリンク (2017-04-21)
売り上げランキング: 14,880


時は平安。陰陽師の家系である梶原家の次男坊として生まれた真白(ましろ)。彼はとある事情から、女のふりをして鬼の元へ嫁ぐことになる。指定された夜、一人迎えを待つ真白の前に現れたのは紅色の髪に鈍色の角をした、美しい鬼だった。東羅(とうら)と名乗ったその鬼と暮らし始め、彼との距離を少しだけ縮めた真白。ところが、兄・昌隆(まさたか)が厄災をもたらす死鬼(しき)と手を組んだという知らせが入り……。新BLレーベル『エールブランシュ』第一弾作品! 投稿&交流サイト「メクる」の人気作品を電子書籍化!

桜の都と鬼の花嫁 下巻 (エールブランシュ)
パブリッシングリンク (2017-04-21)


時は平安。陰陽師の家系である梶原家の次男坊・真白(ましろ)は、とある事情から、女のふりをして東羅(とうら)という鬼の元へ嫁いだ。紆余曲折を経て二人は少しずつ心を通わせていく。だが、真白を取り戻そうとする兄・昌隆(まさたか)の手により、鬼の都には最悪の危機が訪れていた。自分が帰れば兄を止められると思った真白は、東羅との別れを決意するのだが……。