symats' Forced Feminization Stories(強制女性化小説・情報)

強制女装・強制女性化・強制性転換(ForcedFem)小説&情報。海外小説の紹介記事は日本で多分ここだけ!!自作の小説も公開していたり。

トップページ > >
18歳未満の方は閲覧ご遠慮下さい。/Warning! This site is for Adults only!

◆DLsite割引キャンペーンをチェック!!

【同人】
●割引終了日が近い同人作品・検索結果(便利!)

【美少女ゲーム】
●GAME999(5月8日(水)11:59まで!!)
●ブランニューストア(DLsite独占作品割引販売)
●割引終了日が近い美少女ゲーム・検索結果(便利!)

【電子書籍】
●割引キャンペーン中電子書籍・人気順検索結果(便利!)

◆DLsite-English

Hentai/Fetish Doujin products for adults -symats' sellection-

↓↓↓ 最新記事はここから。過去リリース名作珍作も紹介してます! ↓↓↓

10万アクセス御礼

通算アクセスがついに10万の大台に乗りました!!

おかげさまでアフィリエイト収入も順調です。
あとは、まだ実現していない商用小説リリースを目指して頑張りたいと思ってます。

皆様ほんとうに有り難うございます。今後ともよろしく。

魔法のマスクねた妄想2

YouTubeから妄想を誘うものを拾ってきました。

まずはこれ。フェイシャルエステのようなんですが、何故かマッドサイエンティストな香りがふんぷんと(どうも頭部の病気の治療を受ける場合の患部固定プロセスみたいで、現実にはとても真面目な主旨の映像のようです)。


次。ホームエステ用品みたいですが...
ホラージョークの小道具にする人絶対いますね(笑)。洗脳デバイスにも見えます。
強制装着され、スイッチON! みるみる肉体が女人化...なんちゃって。


最後ははるな愛が宣伝してる「ぷるっぷるマスク」
実は愛ちゃん、このマスクでうっとり女人化されたとか(笑)
女性タレントさんの試用姿が何気に萌え。

魔法のマスクねた妄想

小説、ちょっと詰まってます、すいません。

女人化研究所さんで展開中の、呪いの水着に触発されました。記憶があやふやですが、以前英語圏のTransformation小説サイトで読んだものから。

「着用するとそのマスクの顔の主に変身し、精神を乗っ取られた状態になる」という魔法のマスクのストーリーがありまして、確かバットマンが不意打ちを喰らいキャットウーマンのマスクを装着させられ、キャットウーマンに変身させられ悪玉に操られる、とかあった気がします。それなりに上品なファンフィクションだったと記憶してますが、symats的にはもっとえげつない妄想がふつふつと(笑)。

ショッカー的悪の女人化組織(どこかのサイトの持ちネタですね(笑))の戦闘員リクルート計画で、上記機能を持つ戦闘員マスクが発明され、ターゲットをさまざまなシチュで罠に嵌め拘束し、「あなたの顔はマスクと同化し、肉体は女人化して私達の仲間になるのよ...うふふ」などと耳元で言われながら、マスクを装着され、女戦闘員一丁上がりと(笑)。

なんで女性を狙わないのかは、まあ聞かないで下さい(笑)

美容部員さんと強制女性化妄想

我々には決して縁がないのだけど、デパートに入る度に嫌でも嗅覚と視覚で強烈に印象づけられる、化粧品と香水の販売ブース。

そして、社員の鏡たるべく?自社の化粧品をふんだんに使用しフルメイクした制服姿の美容部員さん...。フェミニンの代表なあの方々を見るにつけ、妄想が湧いてくるのです。また、真偽は知らないけど、「化粧品会社は男性社員にも研修で化粧をさせる」って噂を聞いた事あるのが萌えを増すのです(笑)。

「男性社員の化粧体験研修」後、何故か、「それじゃ駄目!」と再研修を命じられたA君。

再研修会場は人里離れた会社の保養所。

1週間後、保養所で研修を終えたA君らは、眼を輝かせて配属先へ赴く。

全員、見事なフルメイクの女性美容部員として...

なんてね。

エステサロンと強制女性化妄想

たまにはホームで妄想を展開してみます。

エステサロンの広告、実に小生の妄想を掻き立ててくれます。

いわゆるタオルターバン姿の女性、まずこれが萌えツボど真ん中(笑)。
女装行為として典型的であるスカートや化粧よりも遥かにシンプルなことなのだけど、タオルをあのように纏うだけのことでフェミニンイメージが炸裂する(笑)というのが実にグッと来ます。罠に嵌められた主人公が、タオルターバン姿で拘束され、これからじっくり強制女性化エステが施される...その恐怖が際立つというか。

イメージフォトがまた良いんです。エステ広告ゆえ、理想のフェミニンキャラとして完璧にフェイスエステされたつるつる肌の美女がモデル。無精髭、男らしい顔つきの主人公の未来の姿...などと思うともう堪りません。

さらには、「施術」って言葉や具体的なエステ行為ですね。本来は気持ちの良い(らしい)マッサージ等でボディを磨いてもらう行為が、主人公本来の男性性を段階を踏んで消し去っていく恐怖のプロセスだとしたら...

ネット広告の「参加は女性限定」という、当然の条件提示もネタです(笑)。
主人公がイタズラして女性を装ってアクセスしたところ、無料施術に当選してしまい...なんて。米国の小説では、豪華無料施術が当たる!懸賞のちょっとした不備を衝いて、プロクレーマーの男が、「男性に当選資格がないとは書いていないのはそちらのミス、男の当選でも有効だ。しかしオレがそんな施術を受けられるわけがない。賞品に相当するだけの金を払って手を打たないか?」と脅し同然のオファーを持ちかけ、困ったエステサロンは主人公を拘束し...なんてのがありました。拘束後の展開がちょっと興ざめでしたが。

人工美女第1号 人妻・大神俊恵【その49】

(本作品は、「人工美女の館」(byひとみ絵里さん)のファンフィクションです)

(47)
俊恵が唐突に豊胸豊尻手術を受けたと聞き、いったい何があったのかしら?とめぐみは訝しんだ。
「実はな、めぐみ。お義母さんとおまえの性転換手術は人工子宮の有無だけでなく、本質的に違うのだ」
「えっ?」
隆一郎はめぐみに、俊恵とめぐみの性転換手術の違いについて説明した。
「そ、そんな...。可哀想なお義母さま...うぅぅ」涙ぐむめぐみ。
以前に比べてめぐみは感情的になりやすくなっていた。
「めぐみ、涙もろくなったな、ふふ。それこそがお前の手術の真骨頂なのだ。男性自我を完全に失う日もそう遠くはないな、ふふ」
(ああ、簡単に泣けてしまう...わたしの「オトコ」はホルモンに溶かされているのだわ。いずれ無くなってしまうのね...)
「だがお義母さんは違う。お父さんはそんなお義母さんこそ最高に愛おしいそうだ、ふふ。決して消えない男性自我に向き合っては精神は保たない。そこから逃れるためには、お父さんにとことん従順になり、これでもかと女らしく振る舞おうと異常な努力をする他はない。予後が落ち着いたお義母さんに会うのが楽しみだな。これまでからは想像もつかないほどセクシーになるのは間違いないぞ、ふふ」

無神経なセリフをぽんぽんと吐く隆一郎。
「...」黙ってやり過ごすめぐみ。
続きを読む

【symats購入作品】

気になったTGTF作品の情報を記事としてアップしておりますが、その中で自分の萌えツボど真ん中と見た作品は、女人化研究所さん全作をはじめ購入しております。

symatsの萌えツボが参考になるかどうかわかりませんが、拙ブログで紹介したうちのsymats購入作品を挙げておきます。

強制5年メイク
強制メイク3
伊集院の悪癖
奈緒美の悪癖
(以上、女人化研究所さん)

強制女装OLゆうな
矯正都市2-性を取り替えられたカップル-
お漏らしっ娘、舞ちゃん
妻に堕ちた男
脅鞭-奴隷女教師に堕ちた教諭-
(以上、恥辱庵さん)

楼蘭の王子ー搾乳奴隷調教記
被虐の階梯 ―女にされたマゾ夫―
幻魔王の婚礼―花嫁にされた英雄王子
(以上、青狸さん)

-ゆらぎ-少年は牝になった by Moon Revengeさん

(作品の紹介記事には、検索タグとして【symats購入作品】と書き足してあります)

少ない?って言われそうですね(汗)。
ほいほいと購入するほどの収入がないんですよ...お恥ずかしい(苦笑)

Welcome, Taiwanese TGTF fan!

From Wednesday, my blog has had much accesses than usual.
I'd checked my Google Analytics result.
It seems some people of Taiwan found mine at "eyny.com".

Welcome, Taiwanese TGTF fan!

Best regards;

symats


何かアクセスが増えたなと思って、仕込んであるGoogleアクセス解析を見たら、台湾のサイト、eyny.comからでした。直接に確認は出来てない(検索しても見つからない)ですが、アダルトな話題のフォーラムがあり、そこに拙ブログのアドレスが貼られた模様です。

付き合いの長い女人化研究所さんも台湾からアクセスがあるから、その繋がりなんでしょうか?
拙ブログも結構国際化してますね。悪い気はしません(笑)。

サイトリニューアル作業中です

使用中のテンプレが大きく改良されたのを機会に、デザインを変えます。
仕様の問題のため、実際に新デザインをロードしてみる必要があり、アクセスする毎にデザインが違ってたりするかも知れませんが、まあご愛嬌と言うことで。

サイトリニューアル作業中です

使用中のテンプレが大きく改良されたのを機会に、デザインを変えます。
仕様の問題のため、実際に新デザインをロードしてみる必要があり、アクセスする毎にデザインが違ってたりするかも知れませんが、まあご愛嬌と言うことで。

「女装研/女装イラスト専門ブログ」をリンクに追加しました

佐久乃さんのブログです。

これなんか良いなあ。

女人化研究所さんサイトが一部リニューアルしました

いつもお世話になっておりますm(__)m。

INDEXページが見やすくなり、下記の新コーナーが設けられました。

INDEX3に、「らくがき帳」

おなじくINDEX3に、掲示板に寄稿された小説をまとめた、「投稿小説室」

今後とも一層のご発展を。

Fictionmania復活

心待ちにしていただけに、嬉しいですね。

http://www.fictionmania.tv/(URL変わってます) へGO!

あ、要 英語力or翻訳ソフトです。

symatsがかつて萌えまくった、She-Devilさんのようなダークな作品が出て欲しいなあ。

人工美女第1号 人妻・大神俊恵【その48】

(本作品は、「人工美女の館」(byひとみ絵里さん)のファンフィクションです)


(46)
同じ頃、、隆造・俊恵夫婦の寝室である
「俊恵、めぐみとの日々はどうだった、楽しかったか、ん?」
「...」
楽しかったですわ、と本当のことを答えるわけにはいかず、黙りこくる俊恵。

「楽しかったと顔に書いてあるな...ふふ。まあ当然だろう。めぐみと二人きりならば、おまえの内なる『牡』が目覚め、めぐみの体が欲しくなったはずだからな」
「お...す...?」俊恵は隆造が何故こんなことを言うのかと訝しんだ。
強制性転換されてしまい、「牡」では無くされているはずなのに...でも、二人きりの時間ではいつもわたしが主導権を握り、「男役」だった...。見抜かれてしまっている...。

「俊恵、そろそろ話すときが来たようだな。おまえとめぐみの性転換は根本的に違うのだ。めぐみは肉体も脳もたっぷりと女性ホルモンを浴びるように改造されている。潜在的に男を求める『雌』の習性をホルモンに強要され、やがてそれは本能的になり、いずれはほぼ100%の『オンナ』になるのさ、ふふ。男性であった記憶を忘れることはないだろうが、それは遠い遠いことになってしまう」
「では、わたしの体はめぐみさんとは...」
「違うのだよ、ふふ。おまえの女性化は外科的改造だけだ。だから、『牡』の習性、本能は人工の女体に抑え込まれてこそいるが、決して消えることはない。おまえは人工の女性器を責められて快感を感じるが、それはノーマルの男が同性に支配され犯される不快感と常に表裏一体なのだ」
「...」言葉を失う俊恵。
ああ、何と言うこと...全てを諦め、一生懸命に女らしくなろうとしてきたのに...。
押し黙ったままの俊恵の頬を涙が伝う。
「あなた...隆造様...わたしはこれから、もっともっと努力して女らしくいたします。だから、もう昔のことを忘れさせて...わたしに『オンナ』の人生を歩ませて下さい。私にも女性ホルモンを注入して!」
泣きながら、俊恵は隆造に懇願していた。
続きを読む

人工美女第1号 人妻・大神俊恵【その47】

(本作品は、「人工美女の館」(byひとみ絵里さん)のファンフィクションです)


(45)
その夜。

「あなた、もうおしまいですの?」ベッドの中でめぐみが訝しげに隆一郎に訊ねる。
「ザーメンをたっぷり味わって」と予告したはずの隆一郎なのに、久々の夫婦の営みはひどく形式的な短い物に終っていた。
確かに、めぐみの秘所は隆一郎のモノと精液をしっかりと受け止めはしたが...。
「ふふ、物足りないのか、めぐみ?」
「...」
「めぐみ、顔に書いてあるぞ、『激しい責めを覚悟していたのに、簡単に済んで良かった』とな、はは」
「...」
「私に抱かれるのは嫌で嫌でしょうがないのはわかっているさ、ふふ。だがお前の体は私のザーメン無しでは保たないのだぞ?わかっているのか?」
「はい、隆一郎さん...」めぐみはうつむきながら、消え入りそうな声で答えた。
「よろしい。ではもう1回戦だ。だがな、夫婦の営みと言うのは、おまえが股を開いて私がザーメンを注ぐ作業ではないのだぞ?前戯からじっくりと行かないとなあ」
そう言って、隆一郎は、めぐみの尻に掌を這わせていく。
続きを読む

よく確認して納得のいくお買い物を

アフィリエイトリンクご利用者各位

拙ブログのアフィリエイトリンクからの商品購入、いつも感謝に堪えません。

さて、皆様方にわざわざ言うほどのことでもないかも知れませんが...。

アフィリエイトリンク先で販売されている商品のうち、特に映像作品は同じ作品が違う価格或いは形態で販売されております。ご注意下さい。

ダウンロード販売とセルDVDでは明らかに前者が安いですが、セルDVDも業者ごとに価格差があり、また、中古もので安く購入出来ることもあります。リンクを見つけピンと来て購入...symatsにとってはたいへん有り難いことですが、後でもっと安い条件を見つけてがっかり...となって、騙された!的な思いを皆様にさせては申し訳なくm(__)m。

symats個人としては、安心そうな購入窓口で会費無料のところの会員になり、その業者間で自分にとってもっとも好条件の買い物をすることにしています。

今後とも、「萌える」作品の紹介をがんばって行きますので、よろしくお願いいたしますm(__)m。

symats敬白


「屈辱の性転換小説」をリンクに追加

校倉紗奈さんのブログです。

現在、「娘の妻にされました」を連載中です。

催眠&洗脳&強制女性化

(5/24追記編集しました)
アフィリエイトリンクで購入のあった、「女捜査員催眠洗脳」のプレビューを見ながら、ふと思い立ちました。

犠牲者の肉体を女性化しながら、或いは完全女性化後、そこにねちっこく催眠洗脳セッションを繰り返し、最終的には精神の女性化を完成させる、と。

ちょっと連想したのは、女人化研究所さんのこの辺のページ辺りからの展開、と言うか、原案はsymatsですけど(笑)。強制永久メイクの進行に合わせ、暗示が埋め込まれていく、みたいな。或いはもうちょっとリアルな雰囲気。完全拘束され、ケープを被せられ、美容院でフルメイクされる要領でベースから丹念にメイクをされ、ヘアスタイルが決まる過程で...とか。ある程度はどうしてもマンネリというかお約束になってしまいますが、犠牲者の耳元で囁く暗示のセリフが面白ければ結構行けそうな感じがしています。

女性化を受け入れさせられた犠牲者本人が最終的にハッピー、と言うのはsymats的にいまいち好みではないので、
「元は男性でしたのに、すっかり柔肌に...」
「こうして、座って用を足すようになってしまいました...」
「乳房を揉まれると、ヒップや内股をさすられると、感じてしまうのです。体がうずいてしまうのです...」
「こんなにいやらしい肉体に作り替えられてしまい、恥ずかしいですわ...」

みたいな感じで、女人化性奴隷アイデンティティを植え付けるって感じでしょうか。

催眠洗脳セッションが大きな見せ場で、犠牲者に囁く声と、弱々しく抵抗する犠牲者の心の声を上手に描ければなあ、と愚考しますが、ハードルは高そうだ...。

Steps to the Masochist by AOTANUKI

AOTANUKI's NEW forced-fem illustrated story.

Steps to the Masochist

(Introduction at DLsite.com)
A serious lawyer Takashi one day had counseling about his sex life with his wife. By listening to the counselor, his hidden sexual desire was awakened. Led by the counselor, he ends up performing reverse sex with his wife, reverse rape party and turns into a shemale. The program to turn him into masochistic shemale goes on.

Steps to the Masochist by AOTANUKI

AOTANUKI's NEW forced-fem illustrated story.

Steps to the Masochist

(Introduction at DLsite.com)
A serious lawyer Takashi one day had counseling about his sex life with his wife. By listening to the counselor, his hidden sexual desire was awakened. Led by the counselor, he ends up performing reverse sex with his wife, reverse rape party and turns into a shemale. The program to turn him into masochistic shemale goes on.
姉妹ブログもよろしく!
symats' Fetish World

ふたなり、催眠洗脳悪堕ち、ヒロインピンチ、SM、人形化石化、人体改造等のフェチ情報


symatsのマニアAV館

ニューハーフ、女装などノーマル指向お断りのAV情報ブログ。


アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(移転前からの継続カウント)

記事検索
女人化研究所さん 常時熱烈応援中!(I'm milda7's biggest fan!)
強制女装トイレ・grossy

最新作:強制女装トイレ・grossy

女人化研究所NEOサイトはこちら。





最新コメント
アーカイブ
カテゴリー
ツイッター
メッセージ to symats

名前
メール
本文








Amazonアソシエイトに参加しています
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。